中古物件をリノベ

電気のこぎり

マンションリノベーション事業の展開

日本では中古住宅に住むという考えが根付いてくるまでには時間がかかっています。欧米では新築よりも中古の方が当たり前ですからその対照的な考え方の違いには驚かされます。日本では既に世帯数を上回るだけの住宅が供給されており、全国で空き家が増えています。漸く日本でも中古住宅をリノベーションして販売する業者が出て来ています。賃貸マンションを一棟買いを行ったうえで退去者が出るとその部屋をリノベーションしたうえで分譲をするというのが一番多いビジネスモデルです。建築技術の進歩によって部屋ごとリノベーションすることによって内部だけは新築同様に様変わりさせることが出来るようになっています。外部だけは共用部となりますのでそこだけはやむを得ません。

外部から先行して施工する場合もある

リノベーション業者によっては一棟丸ごと購入したマンションの外装を先行して改修するケースもあります。外装をリノベーションしておけば、退去者の出るたびに内部のリノベーションを行うことによって内部も外部も新品同様で売却することが出来ます。購入する側にとっても内部は新築同様になっていても外装が古いということでは購入意欲がわかないというケースも考えられます。最近は金融機関の住宅ローンについても中古住宅の購入に対して新築住宅の購入と何ら変わらない条件で契約できる場合が増えています。中古住宅は新築と余り変わらないグレードの物件が増えているにも関わらず価格については新築物件とは比べものにならないくらいに安く購入できますので、掘り出し物を探すつもりで取り組むのが大事です。