住宅に革命を

キッチン

再建築不可の建物をリノベーションする

テレビ番組を見ていると、どうにも狭い家をリノベーションして、新築同様にしてしまうことがあります。その住宅は再建築不可の建物であることが多いのですが、再建築不可の建物の多くは、そのまま老朽化して取り壊すか、リノベーションをして新築同様にするしかありません。 再建築不可の建物は、取り壊して新築住宅を建てることはできませんが、リノベーションならばして良いと解釈されます。 新築と全面リノベーションならば、躯体を壊すかどうかの違いしかありませんので、道消防車が入れずに延焼を防ぐために再建築不可の設定をしています。その趣旨を考えるならばリノベーションをすることはおかしな話ですが、実際にリノベーションをしても問題ないのです。

ソーシャルアパートメントという考え方

空室が多かったワンルームマンションが、ある日を境に満室になることがあります。そのようなことが起こるのでしょうか。 普通、賃貸マンションは時間が経過すればするほど空室が増えてくる一方です。 それにもかかわらず、満室になっているのは多くの場合リノベーションをしたからです。 マンションをリノベーションすることで、新築よりもさらに価値を上げることができるのです。 最近の流行として、ワンルームマンションをソーシャルアパートメントに変更すると言うイノベーションが行われています。 ソーシャルアパートメントは、基本的の作りはワンルームと一緒ですが、水回りを1カ所に集約することでリノベーションでにかかるお金も少なくすることが可能なのです。